NETWORK NEWS

【麻布大学】新・教育プログラムの一環として学生たちが県立公園の魅力をPRするプレゼンに挑戦

2019/12/05

 麻布大学の生命・環境科学部 環境科学科では、学生と学外の組織が協同で課題解決に取り組む「社会連携型のPBL(Project Based Learning)」を開始した。このPBLは、現場でのリアルな課題に取り組むことで学びの動機を引き出し、「問題を発見する」能力を磨くと同時に、チーム活動により相互に知識を共有する過程でコミュニケーション力を高め、「課題解決能力」を向上させる教育手法。

 今年度、同大学の学生が取り組むミッションは、キャンパスの近隣にある神奈川県立相模原公園が舞台。「神奈川県立相模原公園の魅力を発掘し、そのPR方法を検討せよ」という内容。同大学環境科学科の学生は、高校生や大学生の公園利用者が減少している課題を抱える同公園の魅力について、自然環境も含む多角的な視点から再発見し、そのPR方法までを考え、プレゼンテーションを行う。さる10月22日に環境科学科の学生が2年生後期の授業「環境フィールドスタディ」の一環として、同公園に出向き、フィールド活動を実施。今後は、フィールド調査やグループディスカッションなどを通して、PRに繋がる"相模原公園の魅力"を自分達ならではの目線で発見し、企画立案を進める予定。そして、2020年1月24日の授業内で各グループによる提案発表を行った後、相模原公園を訪問し、学生たちはいよいよ公園へのプレゼンテーションに挑むという。

(麻布大学HP:https://www.azabu-u.ac.jp/topics/2019/1119_25997.html)

一覧に戻る

まとめて資料請求

クリップした学校
0 クリップした学校はありません 全て見る

「クリップする」をクリックすると学校がクリップされます。
※クリップした学校へは、まとめて資料請求できます。

  • mypage
  • センター試験速報
  • 横浜薬科大学
  • 二松学舎大学
  • 神奈川工科大学